何をしていいのかわからない日本の学生に、山本さんが伝えたい、進路を決めるのに大事にすべき「たった一つの要素」とは?

【Vol.9-2 YNZ Holdings Ltd./Sanitec(HK)Co.,Ltd. CEO Founder 山本浩一氏 学生にむけて編】

MYGOAL 第9回目のインタビューは、YNZ Holdings Ltd./Sanitec(HK)Co.,Ltd. CEO Founder 山本浩一氏。

香港滞在歴30年以上。外食事業、食品衛生検査サービス、貿易業・・と幅広い事業をされている山本さん。学生時代に経験した二度の挫折から、人と戦うのでなく自分で道を切り開いていく選択をされ、当時勤められていた会社を退職。そして香港へ。

山本さんが築いてこられたキャリアについて、そして私たち学生にむけてアツい言葉をたくさんいただいたので、ぜひ読んでください!!

《YNZ Holdings Ltd./Sanitec (HK) Co.,Ltd. CEO Founder 山本浩一氏 インタビュー記事一覧》

  1. キャリア編 変化の時代とチャレンジしたいと思った自分。学生時代に味わった二度の経験が、香港での起業へと導く。 
  2. 学生にむけて編 何をしていいのかわからない日本の学生に、山本さんが伝えたい、進路を決めるのに大事にすべき「たった一つの要素」とは? ←今ココ 

就職活動の一斉スタートの競争で人生が決まってしまった、と考える必要は全くない

エイミー:日本の社会への違和感ありましたら、教えてください。

山本さん:学生の皆さんがね、それほど目的意識も持たずに生きてきたとしても、「就職活動」っていう将来を考える機会を日本社会が与えてくれるんですよね。これに最近、違和感を感じるようになったんです。これは日本しかない制度なんです。一般的な香港人、シンガポール人や欧米の学生たちは、学生時代からインターンで会社で仕事をして、社会とのつながりを持って、それぞれのタイミングで会社に入って、入社後も転職、転職で、自分のキャリアを積んでいます。日本の就職活動もそうあった方がいいのでは、と思いますね。

これは「学生」の問題というよりは「しくみ」の問題ですから、なんとも言えないですけどね。そういう日本以外の制度を考慮すると、「就職活動の一斉スタートの競争で人生が決まってしまった」ととらえる必要は全くないですよ。 今後は少しづつ雇用の流動性は高まっていくでしょうね。

日本の学生さんには、この「しくみ」の中で、夢をブレイクダウンして、次に登るべき階段は「ここだ!」と、それぞれのタイミングで上がっていってほしいですね。上へ上へと進んでいくうちに、夢が立体的に見えてくると思いますから。

問題から逃げないこと。逃げた瞬間に遠回りする人生に。

エイミー:山本さんが大切にしている考え方・生き方を教えてください。

山本さん:僕には日本でも有数の剣道の名人と言われている立派なおじさんがいるんですけど、会社を辞めた時「こうちゃん、信念持って頑張りなさい」と言ってくれたんですよね。当時、周りに流されて生きていたサラリーマンだったので、「信念を持つ」という言葉が刺さって。心に刻みましたね。問題はどこにいってもあると思いますが、問題から逃げないこと、これを信条にしています。逃げた瞬間に遠回りする人生になります。

「どこで」っていうのは結果的な条件になってしまいがちなんだけど、本当はすごく大事な要素

エイミー:日本の学生に伝えたい言葉を教えてください。

山本さん:若いうちっていろんなことを真摯にピュアにとらえてしまうんだけど、自分の望んでいた結果が出なかったとしても悲観することはないですよ。何があってもどうにかなります。

人間にとって「何を」するかって、すごく大事なんだけどね、僕は「どこで」するかが一番大事だと思っています。僕にとってみれば、それは香港だったし。今の若い人たちが物事を判断する上で、「どこで」っていうのは結果的な条件になってしまいがちなんだけど、本当はすごく大事な要素なんです。

日本にいて何ができるのかわからない。それだったら、アメリカ行っちゃおう、シンガポール行っちゃおう、ベトナム行っちゃおう、という風に一回海外に出てみたらどうでしょうか?結局「どこ」は自分が何をしたいか、何が好きかに一番つながっていくんですよ。自分の好きなものを見つける、という意味でも「どこで」は大事ですよ。

チャイナプラス1で、近隣のアジアがこれから発達していくし、前は中国を生産拠点にしていたのが他の国で、って変わってきていて、その中でベトナムが群を抜いていいんです。だから、若い人はみんなベトナムに行ったら?と思いますね。もし自分が学生だったら、2、3年ベトナムにいます。

これからの時代、英語はマストなんですけど、それ以外にアジアの言葉をマスターしてみたらどうかなと思います。みなさんならできます。僕にもできたから。そしたら絶対世界変わりますよ。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする