TOEICも会計士試験も、自分の努力がそのまま反映される。しかし仕事は、自分一人の力だけで成果を出せるものではない。

【Vol.6-3 BDOシンガポール 公認会計士 岸賢一郎氏 学生にむけて編】

岸様インタビュー

MYGOAL 第6回目のインタビューは、BDOシンガポール 公認会計士 岸賢一郎氏。

日本の公認会計士の資格を持ち、米国公認会計士の試験もパスし、シンガポールの会計事務所で400人の社員のなか、ひとりの日本人として働かれている岸さん。学生時代は「海外」に全く興味がなかったという岸さんが、世界100何十カ国に拠点があるネットワークで、日本の存在感を高めていこうという意思を持つに至った経緯とは・・?

公認会計士のお仕事に興味がある方、必見です!ぜひ読んでください!!

《BDOシンガポール 公認会計士 岸賢一郎氏 インタビュー記事一覧》

  1. キャリア編 プレッシャーに押しつぶされ、受かると思っていた会計士試験に落ちる。そこから実践したメンタルの鍛え方とは?
  2. キャリア編 「会計」から「税務」の仕事へ。「日本」から「シンガポール」へ。外国人400人の中、ひとりの日本人として働くということ。
  3. 学生にむけて編 TOEICも会計士試験も、自分の努力がそのまま反映される。しかし仕事は、自分一人の力だけで成果を出せるものではない。 ←今ココ

英語が話せないばかりに、世界から過小評価されている日本の存在感を高めていく。

エイミー:これからの目標について教えて下さい。

岸さん:BDOジャパンに戻って、100何十カ国に拠点がある世界のBDOネットワークで、日本の存在感を高めていきたいです。本当はずっとシンガポールでやってもいいのですが、自分としては日本を拠点にして、英語でのサービスを提供していきたいと思っています。シンガポールでは英語ができるのは当然なんですが、日本では英語が付加価値になるので。

日本はその経済力や教育水準で、国際的に認められているものの、グローバル会議になると目立たないんですよね。日本の会計士って、他の国の会計士よりも仕訳とか詳しいんですよ。ただ英語が話せないばっかりに、世界から過小評価されていて・・。もちろん、日本もだんだん変わってきてはいますが、まだまだBDOの中では日本という国の大きさが目立っていないので、僕がサポートできたらと考えています。

独立という道もあると思いますが、それでは色んな国の人と仕事ができないんですね。BDOの中でやるメリットっていうのは、世界100何十カ国に拠点があるネットワークで、例えば、BDOベトナム、BDOシンガポール・・と、そういう人たちと一緒に働けることなんです。アセアンの全部を知りたい会社が多いと思うので、このBDOのコンビネーションを生かして、日本を拠点に、日本から海外に進出する会社、また海外から日本に進出する会社をサポートしていきたいと思います。

選択肢が幾つかあるときは大変な方をやってみよう。

エイミー:大切にされている生き方、考え方について教えて下さい。

岸さん:ひとつは、選択肢が幾つかあるときは大変な方をやってみよう、ということです。会計から税務に興味が出て、BDOに転職したとき、トーマツの税務法人に行く選択肢もありました。BDOよりもトーマツの税務のほうが整っているし、給料もすごくいい。ネイティヴのアシスタントがいたので、海外の仕事は彼に通訳してもらえるから、英語を勉強する必要もない。でも、それでは得られるものって少ないんだろうな・・と思って。

BDOシンガポールに行った時も、日本人ひとりで働いたら大変だろうなと思いましたけど「やりたい、挑戦したい!」という自分の気持ちがなによりでしたし、やはり大変だと得られるものが大きいです。

困難な時こそチャンス。

岸さん:また、ピンチな時といいますか、困難な時こそチャンスだと思います。正直、そう考えないとやっていられないこともあります(笑)とにかく何事も前向きにとらえるようにしています。特に海外はピンチのことが多いのですが、前向きに、あまりピンチを真面目に受け取りすぎず、チャンスだと思ってやったほうがいいと思います。

やってみて違ったら、また戻ればいい。やらない後悔よりやる後悔。

エイミー:学生にむけてのメッセージをお願いいたします。

岸さん興味のあることはやった方がいいのかなと。特に海外関連のことですね。自分は学生の頃は海外に全く興味がなかったので、もし学生のときに行っていたら面白かったんじゃないかと思うんです。日本は便利だし、日本語だけで通じるし、それでいいんですけど・・若いうちに海外に出て大変な目にあったほうがいいんじゃないかと。一回出るだけでも、考え方って変わります。日本は日本人だけなので、日本人の価値観があるんですけど、海外には日本人には想像できないことがたくさんあるので、海外に出るとショックを受けることが多いと思います。

一つの選択肢として、海外にでるのはいいと思いますが、英語に関しては、日本でも英語の勉強はできるし、海外に出たからといって英語ができるとは限らないです。日本にずっといたいのであれば、わざわざ海外に出る必要もないとも思います。自分のやりたいこと、興味のあることをやってもらえればと思います。学生、社会人でも、とりあえずやってみたらいいと思います。やってみて違ったら、また戻ればいい。やらない後悔よりやる後悔です。そこにリスクはないです。

仕事というのは、自分一人の力だけで成果を出せるものではない。チームのメンバーやお客様の協力がないとできないもの。

岸さん:勉強って、実際の仕事よりも楽です。TOEICも会計士試験も、全部答えが決まっているので、自分の努力がそのまま反映されるわけじゃないですか。しかし仕事というのは、自分一人の力だけで成果を出せるものではない。チームのメンバーやお客様の協力がないとできないものなんですね。

勉強が辛くなった時は、今ここで頑張ることで、それが何年後にかえってくると考えて頑張ってほしいです。今自分がうまくまわっているのは、前の自分が頑張ったからだと。勉強は明日すぐ役に立つことではないけど、いつかは役立つものだと思っています。「今頑張らないと、将来が大変だぞ!」とプレッシャーをかけてやっていますね。ずっと人は努力しなきゃいけないので。努力をやめてしまったら、それで終わりですからね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする