世界の転換期。失敗から飛びぬけるようなアイディアをつくる。そのための「自由」と「責任」。

【Vol.5-4 BuzzElement CEO 廣瀬肇氏 学生にむけて編】

MYGOAL 第5回目のインタビューは、BuzzElement CEO 廣瀬肇氏。

高校卒業後、単身でアメリカへ留学。高校の時に抱いた「アメリカ、中国、ヨーロッパで働く」という夢を果たした後、起業の地に選んだのはマレーシア。

海外生活22年に渡って、世界で時代の最先端で勝負してこられた廣瀬さん。そんな広い世界を見てこられた廣瀬さんのキャリアについて、そして私たち学生にむけてのアツい言葉をたくさんいただいたので、ぜひ読んでください!!

《BuzzElement CEO 廣瀬肇氏 インタビュー記事一覧》

  1. キャリア編 日本と世界を橋渡しできる人材が絶対に必要。橋渡しできるには一回現地に振りきらなければいけない。 
  2. キャリア編 アジアのプレゼンス、教育、人脈を息子たちに与えたいし、自分もここで勝負をしてみたいと思った。      
  3. 学生にむけて編 アメリカと日本の就活のちがい。なぜアメリカの学生は自分のやりたいことを見つけられるのか。 
  4. 学生にむけて編 世界の転換期。失敗から飛びぬけるようなアイディアをつくる。そのための「自由」と「責任」。 ←今ココ

日本人しばりによって「夢」も「遊び場」も狭めてしまっている

エイミー:大切にされている考え方・生き方を教えてください。

廣瀬さん自分の望む環境で、常にチャレンジをして、常に楽しいことをしていくことですね。日本では「仕事を好きでやっている人なんていない」というのを聞いたり、「お酒を飲みながら上司の悪口を言ったりするサラリーマンがいる」というのを耳にするんですが、僕は仕事がつまらないと思ったこともないし、上司の文句を言ったこともありません。それは仕事が嫌なら自分で変えていけばいい上司が嫌なら自分でやればいいと思っているからなんです。変えられることは、自分でどんどん変えていけばいいんです。

失敗から飛びぬけるようなアイディアをつくる。そのための「自由」と「責任」。

廣瀬さん:もう一つ、社内では「自由」と「責任」ということを話していまして「なんでも自由に。ただ自分でコミットしたことは絶対やってください」というのが僕のマネジメントスタイルです。

エイミー:「自由」と「責任」の考え方は、どうして生まれたんでしょうか?

廣瀬さん:日本の会社をアメリカで見ていて、日本の会社ってすごく規則が多いんですよね。例えば「自由」が100で「責任」が0だと、ただの幼稚園。反対に「自由」が0で「責任」が100だと、牢屋になってしまう。だから「自由」と「責任」はバランスよく持ってないといけないんです。

日本の会社って、例えば朝9時に出社して、お昼は12時から1時の間で、スーツは紺色ときまっていて・・とわけがわからないルールがあるじゃないですか。自由が全くないといいますか。なにか新しいことをするチャレンジをほめるのではなくて、いかにミスをしないか、いかにヘマをしないかに重点を置いている気がするんですね。

ヘマをしないために色んなルールができて、色んなセーフティーネットを重ねていくのが日本。それに対してアメリカはやっぱり違っていて・・例えば、それは学校教育から違っているんです。アメリカの学校では、もし生徒が間違えた答えを言ったとしても、みんなから尊敬されます。それはなぜかというと「答えるというチャレンジ」が評価されるからなんですね。日本だと間違えたことを言うと、ただ正しいことを教え込まれて終わり。生徒は「変なこと言っちゃった」という恥ずかしさやなどのマイナスが残ると思うんですけど。

今、世界は転換期にきています。だから、どんどん新しいことを生み出して新しい文化をつくっていかないといけないんです。その過程で失敗はするわけなんです。失敗がないと成功ってできないんですよね。どんどん新しいことに挑戦して失敗を重ねながら、そこから突破力のあるアイディアを生み出すと。だからそのための環境「自由」と目標を達成する「責任」が重要なんです。

「日本の技術」×「世界中の学生」グローバル化・IT化で世界へ

エイミー:廣瀬さんの夢を教えてください。

廣瀬さん今の事業を成功させて育てていくこと「Grabit」によってみんなの生活を変えることが夢です。それができたら「学校」や「教育」に興味があるので、アメリカ・ヨーロッパ・日本など・・特に日本の田舎の民家を借りて、そこに世界中の子どもたちをよんで一緒に豆腐を作ったり、納豆を作ったりという「学び」プラス、町工場にあるような「日本の技術」を学ぶスクールをやりたいと思っています。

素晴らしい技術なんだけれども、グローバル化・IT化がうまくいっていなくて廃れていってしまう「日本の技術」を学生たちをつかってグローバル化、そしてIT化させて世界に発信するということをやっていきたいです。

教育プラス、自分の投資ファンドを持って、面白いアイディアには投資しつつ、自分の培ってきた知識やネットワークをこうどんどん生かしながら、一緒にやっていきたいですね。

自分でどんどん動いて変えていく。

エイミー:最後に、日本の学生にアツいお言葉をお願いします!

廣瀬さん常に自分で面白いことをしよう。環境のせいにするのではなくて、自分で動いて自分で変えていこう。常識にとらわれるのではなくて、自分で動いて自分の目で判断して、どんどん変えていこう。面白くないことはやる意味がないと思うんです。面白くないことをやるのは人生の無駄だと思うので、自分でどんどん動いて変えていきましょう。

小売の世界を変えるGrabit。

これから日本でもどんどん展開されていくそうなので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする