「世の中の動きを変えたい」「インパクトが大きいところに行きたい」「自由に生きたい」を実現する。

【Vol.3-3 Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 学生にむけて編

MYGOALインタビュー岡田兵吾1

MYGOAL 第3回目インタビューは、Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 。

圧倒的なオーラ・情熱・スタミナあふれる兵吾さん!学生時代バックパッカーとして世界各国を放浪し、アメリカでの留学の経験から、社会の「変革者」を志され、現在、Microsoftシンガポールにて多くのチームをまとめながら、様々な社会貢献活動を同時にされていらっしゃいます。そんな兵吾さんから、STAY GOLD!な生き方「キャリア、そしてキャリア以外の部分でも人生を最大化していくこと」を受けてとってほしいと思います。

兵吾さんのキャリアについて、そして私たち学生にむけてのアツい言葉をたくさんいただいたので、ぜひ読んでください!STAY GOLD!

《 Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 インタビュー記事一覧》

  1. 学生にむけて編 日本と海外どっちもいい。どっちにも面白いものがある。だから、海外という違うところから学ぶことをしてほしい。 
  2. 学生にむけて編「これをするための他の方法ってなんだろう?」「自分のやり方ではない方法で、私はチームのために何ができるんだろう?」 
  3. 学生にむけて編 「世の中の動きを変えたい」「インパクトが大きいところに行きたい」「自由に生きたい」を実現する。 ←今ココ
  4. キャリア編  学校に行きたくないし、行っちゃいけないと思っていた高校時代。挫折を経験した大学の進路選択。 
  5. キャリア編 世界の人が文化・歴史・宗教とかをちゃんと勉強しているのは、そこから人間を理解するため。 
  6. キャリア編 人生って「想い」で変わるし、たったひとりでも「想い」があれば、世界を変えていけるんだと実感した。 
  7. キャリア編 ダイアモンドは僕にとっての草莽崛起。どんどん僕の魂を出していく。世界を変えるインフルエンサーへ。 

「世の中の動きを変えたい」「インパクトが大きいところに行きたい」「自由に生きたい」

兵吾さん:「いつ起業するんですか?」ってよく聞かれるんだけど、僕そんなにお金に執着がないからさ。それよりも「世の中の動きを変えたい」「インパクトが大きいところに行きたい」「自由に生きたい」というのがまずあって。それを実際にやっているし、その活動をこの会社が自由にやらせてくれるんだよね。

エイミー:兵吾さんのその自由さを日本に伝えていきたいと思っているんです!Microsoftという会社が自由なんですか?そもそも欧米の会社はこんな感じなんでしょうか?

兵吾さん:欧米の一部の会社は自由だと思うよ。でも会社によっては、僕はダイヤモンドで記事を書いたりしているけど、そういうのができないところもあるかもしれない。でも持っていき方だと思うんだよね。「サラリーマンだから◯◯はできない」なんてさ、おかしいじゃない

僕はサラリーマンだけど、昔からリーゼントだったし、サングラスかけていたしさ。だから全部、個人のやり方だと思うんだよね。僕は入社したときから「仕事は一生懸命頑張ります。でも世の中にインパクトを出したい。世の中を変えたい。そのためのアクティビティーも叫び続けます」とずっと言ってきたのね。

「会社のコンプライアンスがどうなの?」とかもあると思うんだけど、もちろん最初はボスや人事にも「会社以外の活動でこんなことをします」と伝えて。「でも、会社でのパフォーマンスを下げるつもりはないし。むしろあげるし、いい意味で会社に貢献していくつもりです。」と常に言ってきて。これまで色んなパブリックスピーチをやってきたことで、逆にマイクロソフトから「CSR委員もやってほしい」と声がかかったり、これまでの活動からマイクロソフトの名をけなすようなことはしないという信頼を勝ち得てきたのね。

重要なのは、自分の夢を伝えて、自分の実現の仕方を考えて、実際にそれをやれるかどうか。

兵吾さん:だから重要なのは、自分の夢を伝えて、自分の実現の仕方を考えて、実際にそれをやれるかどうかなんだよね。いい実績をつくったら会社の宣伝にもなるしさ、やりたいことをやるのに会社を辞める要素はないでしょ。

マイクロソフトは「世界中の人々とビジネスの可能性の最大化」をうたっている会社だから、そういうCSR活動をしているし、ビルゲイツさんは会社を辞めて「世界の貧困をなくす」と動いているわけですよ。会社のDNAに「ひとを助ける」っていうのがあるのね。でもパナソニックにはないのかって言ったら、あるんだよ。松下幸之助さんが言っているんだからさ。シャープも世の中のために立ち上がった会社だよ。でもパナソニック、シャープの方で大々的にパブリックスピーチをやっている人いないじゃないですか。大手になっちゃうとね、パブリックな活動をするのは難しい。日本企業の人でやりたいのにやっていない人は、やっぱり個人情報だとか、守秘義務とかを恐れているからだと思うんです。

自分が本当に夢をもっているのなら、それをうまく伝えてやり抜けばいい。

兵吾さん:僕はなんでこういう活動を、名前を出して、個人情報全部出して、会社に所属しながらやっているかというと、だからこそ信頼を取れるから。だからこそ色んな人に自分のことを理解してもらえるから。それに、こういう生き方を他の人にも知ってもらいたいからなんだよ。

もし自分が本当に夢をもっているのなら、それをうまく伝えてやり抜けばいい。周りにサポーターをつけてやり抜けばいい。これからの人生って、終身雇用もなくなってきたし、働き方や生き方に関しても色んな価値観が出てきたわけですよ。チャレンジができないだとか、やりたいことができないのを会社や環境のせいになんか絶対にしちゃだめだよ

自分の価値や自分の使命・自分のやるべきミッションが見えてくる。

兵吾さん:起業家ってすごいって思うし、でもサラリーマンだから悪いわけでもないよね。Microsoftで働く嬉しさって、本当にここ優秀な人が多いんだよね。でもそういう優秀な人が仕事以外では財テクと家族サービスしかしないのは、もったいないと思うんだよ。「お金じゃなく世の中のために」っていう、そういう生き方を見ることによって、自分の価値や自分の使命・自分のやるべきミッションが見えてくると思うのね。

優秀な三菱商事のひととか、マッキンゼーの人とか頭いいんだからさ、もっと世の中、まわりの人々のためにその知見を活かして仕事・会社を超えて社会変革に向けた活動してほしいと思うね。本当にみんな「起業いつするんですか?」って聞いてくるんだけど、もしかしたら起業するかもしれないけど、僕は起業じゃない方法でソーシャルにインフルエンスできるひとになってみたいと思っています。サラリーマンだからこそできる、社会変革を実現したいとも思う。日本のサラリーマンは元気だと世界に知らせたいしね!

死ぬときに何を思うか。

兵吾さん:以前、学生からの質問で「どこの会社にいくのが安全ですか?」って聞かれたことがあってね。「大手いいんじゃない?親たち、きっと喜ぶよね。でも、それも考え方で大手だから動きづらいこともあるし、給料はいいけど組織階層が多くて学びが低いっていうのも聞くよね。それに人生死ぬ時に、きっちりとリスクないように終わったな、石橋を叩いて渡ったなっていうより、失敗も数える以上にあったけど、むちゃくちゃやり抜いたな、って方が面白いって僕は思うな」って伝えたんだよね。

僕の答えの良し悪しはひとによるからね。なにがいいのかはわからない。でも僕は思いっきり自分の人生を挑戦し楽しみたいからさ。僕みたいな人は、自分がアクティブに動けるところ、そんな上司がいる、環境がある、自分を可愛がってくれるところに行く方がいいんじゃないかな

つづき キャリア編!!

【Vol.3-4 Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 キャリア編】 学校に行きたくないし、行っちゃいけないと思っていた高校時代。挫折を経験した大学の進路選択。

でも全部、僕にとっては逃げ。映画の世界に勝負しにいけなかったという、ひとつの大きな挫折なんですよ。映画世界で勝負したい、という自分の夢を貫けなかった。だから大学入ったとき、気後れしたところがあったんだよね。

Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 キャリア編より

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする