日本と海外どっちもいい。どっちにも面白いものがある。「すごいなあ!」っていう外国人の尊敬できる友達や仲間をつくってほしい。

【Vol.3-1 Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 学生にむけて編】

MYGOALインタビュー岡田兵吾1

MYGOAL 第3回目インタビューは、Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 。

圧倒的なオーラ・情熱・スタミナあふれる兵吾さん!学生時代バックパッカーとして世界各国を放浪し、アメリカでの留学の経験から、社会の「変革者」を志され、現在、Microsoftシンガポールにて多くのチームをまとめながら、様々な社会貢献活動を同時にされていらっしゃいます。そんな兵吾さんから、STAY GOLD!な生き方「キャリア、そしてキャリア以外の部分でも人生を最大化していくこと」を受けてとってほしいと思います。

兵吾さんのキャリアについて、そして私たち学生にむけてのアツい言葉をたくさんいただいたので、ぜひ読んでください!!STAY GOLD!

《 Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 インタビュー記事一覧》

  1. 学生にむけて編 日本と海外どっちもいい。どっちにも面白いものがある。だから、海外という違うところから学ぶことをしてほしい。←今ココ
  2. 学生にむけて編「これをするための他の方法ってなんだろう?」「自分のやり方ではない方法で、私はチームのために何ができるんだろう?」 
  3. 学生にむけて編 「世の中の動きを変えたい」「インパクトが大きいところに行きたい」「自由に生きたい」を実現する。 
  4. キャリア編  学校に行きたくないし、行っちゃいけないと思っていた高校時代。挫折を経験した大学の進路選択。 
  5. キャリア編 世界の人が文化・歴史・宗教とかをちゃんと勉強しているのは、そこから人間を理解するため。 
  6. キャリア編 人生って「想い」で変わるし、たったひとりでも「想い」があれば、世界を変えていけるんだと実感した。 
  7. キャリア編 ダイアモンドは僕にとっての草莽崛起。どんどん僕の魂を出していく。世界を変えるインフルエンサーへ。 

色んなものに興味が持てるとか、いろんなパーティーに出るとか、人に興味が持てるっていうのが何より大事。

エイミー:日本の学生にこんなことしてほしいな、ということを教えていただけますか?

兵吾さん:僕が学生のとき・・企業に全然興味がなかったね。社会に出たくなかったし、いかに働かないようにしようかを考えていたよ。インターンもしたことがなかったし、どっちかというとボランティア活動をやっていたかな。

インターンとかいいなって思うよ。でも僕がたまに寂しく思うのは、いい会社の内定をもらうためにインターンします、っていう学生がいるじゃない。人生ってそんなんじゃないからさ。就職のための勉強って面白くないし、よくないよ。もちろんインターンを就職活動のために、それぞれ頑張っているのはわかるんだけどね、試験勉強とか会社だけの勉強はもったいないと思うんだ。

もちろん勉強はやってもいいんだよ。でも社会に出て必要だっていうものは、社会人になったら勝手についてくるし、それよりも色んなものに興味が持てるとか、いろんなパーティーに出るとか、人に興味が持てるっていうのが何より大事。人と接しているうちに、人から学べることってたくさん見えてくるんだよ。

日本と海外どっちがいいじゃなくてさ、どっちもいいんだよ。どっちにも面白いものがある。

兵吾さん就職のことだけやってきた人はね、会計のスキルがあったり、分析、論理的な思考とかはできるんだけど、その先の人を動かすところがいまいちなことがある。単純な話をしちゃうと、仕事の話だけではパーティーでは盛り上がらないんだよね。僕は海外生活が長いから、どんなパーティーにも顔を出して、出会った人と色んな話をして・・ボランティア活動もそうなんだけど普段違うことをやっている人と関わるわけだから、気付くとネットワークは広がっているし、色んな人と話せるようになっているんだよね。

端的に言うと、学生、日本人にやってほしいのは、外国人とどんどん触れ合ってほしいということだね。海外行っても外国人と触れ合わない日本人がいるからさ。だからなんでも「日本がいい」「日本が一番」ってなっちゃうんだよね。日本人ってアジアに対して「安かろう、悪かろう、まずかろう・・」みたいな、ちょっと下にするところがあるんだよ。

GDPでいうと前はアジアの3分の2のGDPが日本だったけれど、今は中国があがってきているし、カンボジアだってまだまだ貧しいけど55年後には変わるかもしれない。どんどん進んできているんだよね。日本と海外どっちがいいじゃなくてさ、どっちもいいんだよ。どっちにも面白いものがあるんだよ。だから、海外という違うところから学ぶことをしてほしい。外国人の友達をつくるとかね、「すごいなあ!」っていう外国人の尊敬できる友達や仲間をつくってほしい。

Microsoftで働いていると、こう色んな国の人がいてさ、みんな本当にすごく優秀なんだよね。だから日本だけが1番にならなくなってくる。若い子には、こういう人とぜひ会ってほしい。誰かMicrosoftの社員と話してみる?紹介するね。ちょっと話してみるといいと思う!

エイミー:え?!はい、ぜひお願いします!!

—————————————————————–

ほとんどの社員さんが帰宅されていたので(さすが残業しませんね!)、シンガポールMicrosoftで働かれている中国人女性シャンさんとスカイプでつないでいただきました。そのやりとりは次の記事に続きます。

つづき!

【Vol.3-2 Microsoft リーゼントマネジャー 岡田兵吾氏 学生にむけて編】これをするための他の方法ってなんだろう?自分のやり方ではない方法で、私はチームのために何ができるんだろう?

新しいスキルが必要なの。前の自分一人で仕事をしていたときのやり方が、「弱み」になっていることがあって。チームのみんなを元気づけていくことを本当にもっとやらないといけない、と感じているよ。ゴールにたどり着くために、私はリーダーにならないといけないって。

Microsoftで働く中国人女性Shanさんとのスカイプインタビューより

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする